神戸市長田区【ハラダのパン】懐かしくもあり新しくもある、昔ながらの地域のパン屋さん

神戸市長田区【ハラダのパン】懐かしくもあり新しくもある、昔ながらの地域のパン屋さん

【店名】
ハラダのパン
【所在地】
神戸市長田区

【性別】男性
【年齢】42歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
幼少時の地元のパン屋です。
店も構えていましたが、自社工場も併設していました。
各地域へ給食サービスも行っていました。

【誰と行ったか】
1人〜30人(社会科の授業で見学)




【お店の雰囲気】
長田区にあります。
商店街に一軒、少し離れて神戸電鉄長田駅近辺に一軒あります。
駐車場はありません。
店員は普通ではないでしょうか。
時と状況によりけりだと思います。
店主は会ったことがないので知りません。
客は長田区の人が多いのではないでしょうか。
行列は当然ですが客が多いとできます。
店内は清潔な感じです。
現在は回収されており、お洒落な感じです。

【注文したもの】
ヨーグルトパン




【感想】
パンの中に程よい甘さのヨーグルトが入っていました。
今までにない味、種類のパンでした。
ありそうでなかったというか、他ではなかなか見られないタイプの菓子パンだと思いました。
ヨーグルト自体、特別なものではないと思うのです。
ヨーグルトの硬さは、パンをかじると少し垂れてくるぐらいなのですが、それがまたとろ〜りという感じで美味しかったです。
匂いは当たり前ですがヨーグルトの匂いです。
作り立ての時はパン独特の甘い香りもあります。
レンジで温めると甘い香りは復活しますね。
大きさは普通の菓子パンのサイズです。
給食に出てくるようなパンと同じサイズ。
小学生でも十分完食できます。
家で食べたり、外で食べたり。
友人の家でも食べました。




【他のメニューやトッピングなど】
他の味のパンは食パン、ジャムパン、アンパン、カレーパン、デニッシュなど。
調理パンはピザパンやミートチーズパン、ホットドックなどもあります。
注文はその時々で変わってもおかしくないと思いますが。
トッピングはパン屋ではあまり聞いたことがありません。




【エピソード】
小学校にも配達しているパン屋で、工場が併設しています。
この工場に社会科の見学に行きました。
いつも販売スペースしか見たことがなかったので、工場を見た時は意外に広いことに驚きました。
また、当然ですがかなり朝早い段階で稼働していることも知り、勉強になりました。
地元のパン屋でしたので子供の頃はよく家族と買いに行きました。
懐かしさもあります。




【知人の評判】
地元のパン屋ですので、みんなパンと言えばハラダのパンという感じです。
少なくとも数十年は存在していますが、他にパン屋ができても潰れることなく健在です。
震災も乗り越え、地域に密着しているパン屋だと思います。




【他との比較】
工場直結なので作り立てという違いがあるのではないでしょうか。
温かさが違います。
また、種類はオーソドックスなものから少し変わった調理パンまでいろいろあります。
歴史あるパン屋ですが味は大きく変わることなく、独自のおいしさを保っています。
コンビニパンに比べるとパンの質として、重さが全然違うな、と感じます。




【価格と満足度】
価格は100円あたり〜300円ぐらいまでだと思います。
大幅な値上げもなく良心的だと思います。
満足です。




【期待すること】
これからも地域の、地元のパン屋として変わらない味、変わらない店を続けてください、と思います。
メニューは特別増やしてほしいとは思いませんが、時折アイデアに富んだパンがありますので今後も期待です。
まあ、メニューは現状のもので十分満足ですが。
改修後なので当たり前ですがキレイです。
客が使えるトイレ併設のパン屋はありえないのではないでしょうか。



近隣の学校に給食サービスを行っていてみんなハラダのパンを食べていますので何を語るというのは難しいです。
友達も皆行っているパン屋ですので。
個人的にはヨーグルトパンが好きですが、今はないのではと思います。
友達はカレーパンが絶品だと言っていました。
出来立てパンのおいしさは群を抜いていると思います。
外れはないパン屋であると言えます。

ハラダのパン
神戸市長田区
男性・42歳・会社員
神戸市長田区【ハラダのパン】懐かしくもあり新しくもある、昔ながらの地域のパン屋さん